トップページ

    このサイトではキアの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「キアの買取相場をリサーチして高額買取してくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のキアを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、キア(起亜)の買取価格の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社までキアの買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「キアを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているキアの買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、韓国車のキア(起亜)を高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    キアの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのキアの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのキアでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がキアの買取査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者が韓国車のキアを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきたキアを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の輸入車の買取専門業者です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、韓国車のキアなら日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですから、韓国車のキアならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に見てもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。







    売却予定の中古車の査定額が低下する主要な原因は幾つか存在しますが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、その車に修理歴があることです。

    場合により見積金額が0にまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    専門家の査定士にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がってそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが考慮されますから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり気にすることはありません。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや明らかにへこみがある場合、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、それを回避するために個人で直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から営業電話が集中しますので、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    ローン完済前の車を売るときは、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    売却にあたっては残りのローンをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額から自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、上手に活用すれば非常に有益です。

    ただ、欠点としては対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと最初の数日は業務にも障りが出かねないので、よく考えて登録しましょう。

    相手の都合も考えずに何度も営業電話をかけてくる業者などには、よそで売却を決めてしまったと言って断るのが効果があります。

    下手に理屈で理解してもらうより簡単です。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで現物を業者から派遣された査定士が判定し、車の状態に応じた査定額が決まります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、満足な価格になったところで契約書を交わします。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で売主の口座に売却代金の振込があります。

    半分忘れ去られたようになって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは得策とはいえません。

    車検にかかるお金の方が実際には高くなってしまい、その割には査定金額にさほど反映されないため損をすることになるでしょう。

    自動車税というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、損したと思うようなことはないのです。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り戻ってくる制度があるわけではないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。