トップページ

    このサイトではキアの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「キアの買取相場をリサーチして高額買取してくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のキアを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、キア(起亜)の買取価格の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社までキアの買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「キアを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているキアの買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、韓国車のキア(起亜)を高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    キアの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのキアの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのキアでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がキアの買取査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者が韓国車のキアを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきたキアを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の輸入車の買取専門業者です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、韓国車のキアなら日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですから、韓国車のキアならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に見てもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。







    中古車の査定を業者に依頼する際に必要になってくる書類には何があるかというと、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何種類かの書類が入り用になってきます。

    新たに転居したり結婚したことで車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には訂正するために幾つか書類の提出を求められますから、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう要因の一つになるのです。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、比較的新型のカーナビでないと見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    そして、同じ理由によってカーナビ非搭載だと査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どの中古屋でもこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    売る時期を特に決めていないのであれば、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

    車の売却時にまだローンが残った状態だと、残債を払ってしまわないと売却できません。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、名義もローン会社であることが普通だからです。

    業者に売る前にローンの残りを払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、それが無理なら決定した査定額を使って自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    ローン会社の承諾を得れば可能という条件つきですが、その場合はいくつかの手続きを踏まなければいけません。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも出来るだけたくさんの業者に査定させる方が効率的です。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    完全に動かない車である「不動車」ですら、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    部品単位でみれば今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて査定して買取を行ってくれるところはあります。

    通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですがちょっとでも高額な査定をつけてもらうために有効な手段です。

    車がキレイに洗車してあってもなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを印象づけることは可能です。

    手荒に使っていた人よりも印象が良いですから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    修理の腕に長けていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むということとは違いますから注意しましょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。